2015-02-08

照明器具がボロボロに…

蛍光灯
我が家の台所の電灯が切れたので数日前に蛍光灯を買ってました。

ホームセンターに行くと置いてある蛍光灯電球は箱もなく裸。レジでプチプチで包装などもしてくれません裸の蛍光灯を割れないようにそーっと持ち帰りました。
(本当は包装紙があり自分で包むのだけど今回は包装紙も補充しておいてくれていませんでした)
さて次に蛍光灯の取替えです。
台所は天井高さがあるのでちょっとやっかいではありますが、脚立で上がれ大丈夫。ちゃんと脚立も買いました。

一番上に上がって蛍光灯のカバーを外したところ…
中の安定器やスターターランプなど器具本体にくっついているはずのものがガバーっと外れて落ちてきました。
見るとそれらの部品は本体に両面テープで留められていて(日本ならネジだけど)テープが劣化していたのです。

電球をはめるソケット部分もプラスチック劣化でボロボロと崩れるので電球も取り換えられないし…もう…脱力…。

住むのはまだ2年目だけど築11年のマンションなので器具類の寿命がきているようです。でも器具類がこの年月でボロボロになるなんて、品質の悪さにもほどがある。

さすがに家族にSOSして落ちてくるものを下で支えてもらいましたが、何もできずそのまま元の状態にもどすのが精いっぱいでした。

こうなると器具ごと取替えるしかありません。電気屋さんの手配です。
日本にいたらプロに頼むのは時短のためにとてもいいことなのですが、ここではプロに頼むのは時間がかかることなので…またちょっと憂鬱です。

0 件のコメント:

コメントを投稿