2015-03-28

ブラジル式クリスマスチキン Frango de Natal

昨年のクリスマスシーズン前に主人の会社でもらってきた冷凍チキンが冷凍庫で眠っていました。年末年始は日本に帰国していたのでそのままにしていたのですが…さすがに庫内が狭くて困るのでやっつけることにしました。手順は後半で。

面白いものでブラジルではクリスマスに会社が社員に食べ物をプレゼントするのが一般的なようです。我が家は一昨年も同じチキンとロースト用豚肉をもらいましたが、会社によってはワインやパネトーネ(クリスマス用のケーキみたいなパン)をもらうところもあるようです。少人数家族の我が家ではチキンは食べきれないので、ワインやパネトーネのほうが本当はいいのですが…。

ということで、そのチキンの作り方は写真のような感じです。鶏の中に詰める物については作り方に説明がなかったので作りませんでした。各家庭のオーブンがあるのでできることですね。2日がかりなので大変ですがブラジルらしい体験として楽しんでいます。

【ローストチキンの作り方】~冷凍品の袋に書いてあったもの~
(1)味付けされた製品なのでそのまま冷蔵庫に移して24時間解凍
(2)鶏の中身はきれいに処理されて空洞になっているものの
   中にビニール袋入りの肉(ハツとレバー)が入っているので
   これを忘れずに取り出す。
(3)表面や中に残っている氷や水分をペーパータオルで拭き取る
(4)表面にマーガリンを塗る(今回は溶かしバターを使用)
(5)アルミフォイルで包む。
(6)200℃に温めたオーブンで1時間ローストする。
(7)アルミフォイルを外してマーガリンを塗り、さらに1時間半ローストする。
(8)途中30分ごとにマーガリンを塗り足してローストを完了させる。

※火力が強いようだったら羽の先など先端を焦がさないようにアルミフォイルで巻く。

0 件のコメント:

コメントを投稿