2017-03-23

■手帳さがしの記録 ~今年は手帳迷子になっています

こんにちは。
前回も手帳の話を書きましたが、実は昨年の後半から自分をとりまく状況が何度も変わってしまって、その都度ピッタリくる手帳を探すのですが、しばらくするとまた「違うなぁ...」と手帳迷子になっています。
今後の私の手帳探しのために、ここ5年くらいを振り返ってみて考察します。(長文です)


【1】会社勤めをしていた時
月ごとに残業時間の管理もあり、時間や作業の記録をしやすい1週間バーチカル型が必須でした。アクティブプランナーはとっても使いやすかったです。


【2】主婦業だけになってから
作業時間を記録する必要はなくなり、アポイントをメモするためにマンスリー型(ブロック型)手帳を使いました。3年連用の薄型手帳で持ち運びにも便利で満足していました。

【3】習い事を始めたら

ブラジル暮らしの途中から習い事を始めました。すると勉強時間や家事時間を意識して確保しないと生活が回らなくなりました。
マンスリー型だけでは細かな計画ができません。でも日本の手帳が買えるのは年末に一時帰国したときだけですし、ブラジルでは手帳が売ってない(というと言い過ぎですが1日1ページの日記型以外はほぼ存在しない)ので手帳を替えることは不可能です。そこで機能を補完するものを追加しました。それがyPad Proでした。自分で日付を書き入れる大版のガントチャートです。これでマンスリー型(携帯用)+ガントチャート型(家置き用)2冊持ちになりました。


そして10月!翌年の手帳のが出る時期になりました。ネットで日本の手帳の新作をチェックして買ったのが「タテにもヨコにも使えるブラウニー手帳2017」です。1週間バーチカル型とホリゾンタル型と1ヵ月ガントチャート型とを1冊で使える面白いフォーマットです。
これ1冊で2冊分の役割を果たします。主にバーチカル型として使いました。
この後、帰国が決まり引越しの段取り、友達たちとの送別会などとても忙しくなったため、予定をコントロールするのにとても合った手帳となりました。帰国後1か月間まではこれを使いました。

【4】主婦業だけに戻ったら~迷走

帰国してしばらくすると予定はあまりなくなりマンスリー型(ブロック型)で十分であろうという状況になりました。それまで3か月使っていたブラウニー手帳は気に入っていたものの、あまり詳細に書く予定もなくなり、むしろ欄外にToDoリストや献立をメモしたいといった気持ちが出てきました。
そこで2月に入って新たに買ったのがA5サイズの薄型マンスリー型(ブロック型)に特殊なページのついたVisuallife ビジュアライフでした。ゆったりした構成で楽しい手帳です。

これも1か月使ってみました...が上手く使いこなせません。ゆったりした構成ではあるのですが、書きたいニーズを賄うのは無理でした。1か月しか使わなかったのでこれは家計簿メモとして転用します。

そして現在はもう一度ブラウニー手帳1週間バーチカル型)に戻して試行錯誤してます。

毎年自分にあった手帳を見つけてきたのに今回はどうなってしまったのかと自分でも不思議です。買いなおしたり、元の手帳に戻ったり...こんなに迷ったことは一度もありませんでした。やはり環境の変化が大きいようです。
これから仕事も始まるので、また変わる?
しばらく迷子が続きそうです😓
長文お付き合いありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿