2017-04-20

■環境が変わったらモノを見直す(1)~家に人を招くかな?

我が家はランチョンマットを使用しています。
ランチョンマットはテーブルクロスの簡易版として生まれたものなので、いくつも必要なものではないのですが、色柄や素材のバリエーションが豊富でその楽しさについつい買ってしまい、 2人暮らしだというのに大量のマットを持っています。


今日は段ボールから出したランチョンマットのうちビニール素材のものを洗って干し、そして布製で汚れがあるものは廃棄しました。

写真には2枚セットのものが3種類写っていますが、そのほかにも3種類、そして6枚セットのランチョンマットも4種類持っています。
海外暮らしでは友達の家にお互い行き来しておしゃべりすることが月に何度もありました(※)。そのために椅子の数に合わせて6枚揃えたのです。
国や地域によっては日本のように気軽にいかれるカフェやレストランが近くになかったりします。また言葉が通じなくて不便という場合もあります。)

今後の生活パターンを考えると月に何回も6人もの人が同時に家を訪れると言う事はあり得ません。6枚組ランチョンマットは 1セットのみ残して後は手放すことにします。そうすればきちんと収納できる分量に収まりそうです。

環境が変わったら持ち物を見直す。
見過ごしてしまいがちだけれど、実は大切なことだと改めて思いました。

-----------
このブログの各記事には ラベル(タグ)がついています。
同じテーマで読み進めたい、気になるテーマがある、という場合はぜひ下記のラベルか画面右のラベル(タグ)をクリックして、選択してみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿