2017-06-02

■古着deワクチン に送ってみました

海外引越を機に、たくさんの洋服・バッグ・靴・アクセサリーを手放すことにしました。

私自身の立場や仕事が変わったわけではありませんが、ブラジルと日本では生活のパターンが変わるので、出かける場所も会う人も異なり、つまりは必要な服装も変わります。

今までは洋服を手放すときは、「マルイの下取り」を利用していました。こちらは活動実績もあってとても良いシステムだと思います。ただ受入期間が限られているので、思いたったときにすぐに出せるわけではありません。

今回は荷物を一気に整理しないとならないので、初めて「古着deワクチン」を利用しました。これは古着を出すことでその収益金で途上国にポリオワクチンを送り、同時に現地での雇用を生むというシステムです。

「古着deワクチン」の詳細説明はこちら→
申込みはリクルート社の赤すぐnetから(こちら→
※2017/8/23追記:2017年9月15日でネット販売は終了するそうです

最初に専用の着払い伝票を取り寄せます。これは1枚1080円しますが、古着が届けられたあとには赤すぐnetで使える1000円分のクーポンがもらえます。赤すぐnetでの取扱い品はベビーグッズやマタニティママに便利なものだけの印象がありましたが、ベビーソープならわが家でも使うのでこれを購入しようかと思っています。

専用着払い伝票は赤すぐnetから取り寄せます
家にあった50㎝×50㎝×50㎝の大きな段ボールにいっぱい衣類を詰め込んで、佐川急便さんに取りに来てもらって終了。簡単でした!段ボールを取り寄せることもできます。
衣類だけ、靴だけ、という受け入れ先はよくありますが、これに加えてバッグもアクセサリーもすべて同じ箱に入れてよいというのがとても使いやすいですね。

なかなか良いので、たぶんもう一回出すだろうと思い、伝票は同時に2枚購入しました。伝票の有効期限は3か月です。
--------------
お知らせ
只今こちら募集中です。
詳細とお申込みはQRコードからアクセスするか、こちらをクリック➡

0 件のコメント:

コメントを投稿