2017-06-30

■ブラジル行きの船便は4か月かかった

今日もブラジル生活の"ふりかえり日記"です。 

Facebookに「過去のこの日」という機能があって、その時に自分が書いていた記事を教えてくれます。この記事はそこから文章を引用し、この頃どうしてたかな?とふりかえりながら書いていきます。

ピンクの文字は今回書き足しています。
まとめてこのシリーズを読みたい方はラベル(タグ)の「ふりかえり日記」をクリックしてみてくださいね。

-------------------------
2013年6月20日の日記
奥に写っている変圧器につないで使います。
加えてスタビライザー(安定器)があったほうが
よかったのですが...3年目に壊れました
やった〜!
ようやく2月に送った主人の分の船便が到着です。
丸4ヶ月かかりました。先に炊飯器送って正解でした!

ブラジル来てからずっとお鍋でごはんを炊いてましたが、こちらのガスコンロは一番の弱火でも日本でいう「弱めの中火」程度なのでごはんをじっくり炊き上げるのは難しかったです。軽量カップも無いのでコップに目分量で入れるお米と水の量で日々炊くごはんの量は違うし、お焦げを恐れて炊く時間を短くするとごはんは硬くなるし、通常通りに炊くとお焦げや炭が発生します😅
他の料理を作りながら炊飯鍋を見張っているので慌ただしいし…。これでもう少し楽しんでごはん作れるといいな。


3月に私が送った船便はまた1ヶ月後くらいかな〜

早くこいこい〜
 -----

日本とブラジルの間の船便は通常3ヶ月(輸送1.5ヶ月+輸入手続き1.5ヶ月)といわれてますが、この時は少し前にあったサントス港での職員のストのあとで手続き業務が溜まっていて余計に1ヶ月かかったとのことでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿