2017-07-19

■帰国後の環境ギャップに慣れるまで

こんにちは、ブラジルがえりのライフオーガナイザー® こうのさやかです。

今日はちょっと生き返った感じです🙂
クリチバ(ブラジル)でできた友達が来日していたのですが、会えるチャンスはないかと思ったら急遽会うことができました。とってもリラックスしておしゃべりすることができました。もうポルトガル語はたくさん忘れているのだけれど…
ずんだもちを食べながらおしゃべり

誰でも環境が変わると、その環境ギャップについていくのに苦労するのですが、母国である日本に戻ってくる場合の私でも変化の大きさに苦労しています

1つは体調。北半球と南半球の間の行き来、かつ地球の反対側という気候風土のギャップ。体がついていけずに夏バテしています。鍼灸の先生にも内臓がきちんと働くようになるには丸一年は掛かるというので仕方ないかとあきらめていますが、どうにもこうにも暑くて調子が出ません😅

もう1つは人間関係。ブラジルではとても人間関係に恵まれ、日本人にもブラジル人にも素敵な友達がたくさんできたのですが、その友達たちと突然会えなくなってしまったので喪失感があります😢 もちろん日本にも大好きな友達はたくさんいるのですが、それでもやはり寂しく感じます。

ですからブラジルの友達に会えたのはすごく嬉しいことでした。そして今日会った友達とは近況報告をしただけですが、お互い相手の国に住んだ経験があるので文化ギャップに戸惑うという経験を同じようにしている、そして気に入ってまた来たいと思っていた相手国を再訪すると逆に自国の良さを発見するという経験もしています。

日本とブラジルは文化や気候風土の違いが大きいので、互いに自国にはないものに夢見て憧れる人が多い気がします。でもその違いの大きさについて行くのも実際は大変です。それぞれに良いところがあり、それぞれにキツイところがあり…。

そんな最近の私の頭の中に散らかっていた思いを話すことができ、理解したり共感することができたのも現地の友達と話ができるようになったおかげだと思いました。


互いに自国の良さを感じながらそれでも相手国の良さを知って尊重する。そんな気持ちの良い関係の友達は人生の宝物です。ポルトガル語を学んだ甲斐もあったと思います。


今の状況を相手に話すことで俯瞰して自分を見ることができ、そして共感しあえる。これは環境のギャップで戸惑っている自分には今いる位置を確認できるとてもありがたい時間でした。


どうもありがとうmeu amigo!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
------------
募集中です♪一緒に食べてみませんか?

0 件のコメント:

コメントを投稿