2017-07-04

■クリチバにStarbucks Coffeeがオープンするという計画

私がクリチバ市に駐在していた2013年~2016年いっぱいまでは、クリチバ市内どこにもスターバックスがありませんでした。
サンパウロとリオデジャネイロにはあります。
(ブラジルとアメリカのスタバの違いについての記事→

2013年4月の時点の情報では、半年後にオープンするShopping Patio Batel (高級デパート)にスターバックスコーヒーが入るだろうとクリチバ住人たちは噂していました。でもそれもありませんでした。

今でこそ普通にカプチーノとかカフェラテといったメニューがクリチバのカフェにもありますし、少しずつですがアイスコーヒーも置く店が現れています(クリチバは2016年末でまだアイスコーヒーは珍しい)。

そしてイタリア移民の文化があるからなのか illy(イリー)のコーヒーやクリチバオリジナルの有名カフェCafe Lucca(カフェルッカ)などが楽しめます。それなりにコーヒーメニューも充実してきたので、もうスターバックスはクリチバには来ないのかなぁと思っていました。

ですから2017年1月5日のこちらの「スターバックスがクリチバに店を開く」という記事はクリチバ住人達には驚きのニュースでした。これから話題になると思うので紹介しておきます。
http://www.gazetadopovo.com.br/economia/starbucks-planeja-abrir-loja-em-curitiba-3ohy6w0bnjer6tglq9jt9fnln?utm_source=facebook&utm_medium=midia-social&utm_campaign=gazeta-do-povo
 Starbucks planeja abrir loja em Curitiba

要点のみですがこの記事の翻訳です
----------------------
●現在はサンパウロ州とリオデジャネイロ州にのみ展開しているスターバックス(2017年1月5日現在、17都市に103店舗ある)。

●今後4年間でクリチバ、ブラジリア、ベロホリゾンチに367店舗を開く計画がある。(サンパウロ州とリオ州につくる3店舗を含む)

●また2018年までに特に高級なコーヒーも取扱う特別店舗を世界中で1000軒作るとしていて、ブラジルにも開くとしている。

●ブラジルでの計画は未だないが、現在シアトルにだけ存在している焙煎をその場で行う「焙煎を楽しむ店舗」を今年(2017年)上海に、2018年には東京とニューヨークにオープンする。

●スターバックスというと、コーヒーを飲むだけでなく、仕事をしたり人に会う場所としての役割があるが、ブラジルの場合は店舗に十分な広さがとりやすく、今後そういった場所になる可能性は十分にある。
●ブラジルにおいてはスターバックスのコーヒーは他店と比べてサイズが大きく、価格もかなり高いのでは?という質問をなげかけたところ、同社より「2016年には354ml(5.00ヘアイス)より小さなサイズ236ml(4.50ヘアイス)を提供するようにし、より買いやすいものがある。」と回答があった。
●現在は世界中で25000店舗であるが、2021年までに37000店舗をつくるという計画があり、いずれはマクドナルドやサブウェイを抜いて世界で一番大きなレストランチェーンとなる可能性がある。
----------------------
どうなるか楽しみですね。
↓よろしかったらクリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿