2017-09-02

■でも ”モノを減らす” は目的ではない

こんにちは、一級建築士 & ライフオーガナイザー®︎の こうのさやか です。

1つ前の記事で「1ヶ月で200個手放すを達成」と報告したので、今どきの"なんでも捨てちゃう人"なの?なんて思われた方もいるかもしれませんね。

実は引越し荷物も含め、私の家にはまだまだ山のような荷物があります。その理由は別の機会に譲るとして…

なんでも捨ててしまう人(?) かのような最近の「ミニマリスト」の流行は、モノを極限まで減らして何もない空間を目指すことが正義と言っているように私には見えます。

でも私自身にはそういった空間や部屋は向きません。壁には絵や写真が掛かっているのが理想ですし、かわいらしいお茶碗で紅茶を飲んで、テーブルには花や緑が飾ってあって…なんていうのが快適な家だと思うのです。
ただし、自分の管理できる量を超えてモノが多いという状況になると、それは自分の心地よさを脅かすようになってきます。 

家事時間を減らしたいのにモノの管理・メンテナンスをしないとならないので家事時間が増える...。たくさんのモノの中から必要なモノを見つけ出すための時間が必要…。なんだか切ないですね。

"モノを減らすこと"はそれ自身が目的ではなく、快適に暮らすための過程です。
ゆっくりダラダラしたいから時間を作りだす。自分で手に負えるだけの量にする。これが目的で私はモノを減らしたいと思っているのです。
海外生活で増えてしまった荷物とはまだまだ向き合っていきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ

にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ


にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿