2017-09-29

■海外駐在の「本帰国後すぐにやったこと」のリスト

ライフオーガナイザー® こうのさやか です。

ブラジルでの駐妻生活を終えて日本に帰ってきてすぐにやったことをリストにしてみました。

※わが家の場合は日本の自宅をそのままにしておいたので、日本の倉庫から荷物を出す、帰国後の貸家探しといったタスク(すること・やること)はありませんでした。
※この他にお子さんやご自分のお仕事のこともあると思いますが、その部分は割愛します。

  • 引越しによって発生するタスク
    • 住民票を入れる
    • クレジットカード等の登録情報変更
    • NHKの契約をする
    • ガスの契約をする(電気と水道は契約したままとしていた)

  • 日本の生活を再構築するためのタスク
    • 挨拶状印刷
    • 友人・元職場などへの報告・連絡
    • 帰国歓迎会多数に参加
    • 郵便局に届けていた郵便物の転送を解除
    • 海外ではできなかったモノの修理依頼(靴・バッグ)
    • 磁気不良で使えなくなっていたキャッシュカードの交換
    • 電気の契約使用アンペア数の変更依頼下げていたものを上げた)
    • 実家に預けていたモノを受け取る(植木など)
    • 生命保険料の支払い方法など変更手続き

  • 長期間自宅を残していったことで発生したタスク
    • 留守宅管理業者への解約手続きと鍵の回収
    • 礼装など日本に保管してあった衣類のクリーニング
    • 日本と海外の両方にモノや衣類があったので物量を減らす(服・キッチン用品・文具など)
    • 置いていった自転車のメンテナンス
    • 家の劣化した部分の補修
    • 劣化したモノの処分や補修

  • 船便での引越しのために発生したタスク(ブラジルとの船便は3~4か月かかるのが通常)
    • 洋服のクリーニング出し(匂いがつく)
    • 皮革のメンテナンス(カビが生える)

こういったタスクは帰国後まだ緊張している最初の1か月くらいでできるのですが、これが一段落したらどっと疲れが出てきます。そしてすごく気になるようになるのが雑然とした家の中。
いちどきに引越荷物がやってきて家はストレスいっぱいの状態!これは誰もが経験します!

駐在地を出国するまえには「帰国したらこういう生活しよう!」「いいモノだし安いから買って帰って使おう!」と誰もが思うのです。
でも帰国してみると
「あれー?こんなつもりでないの!」
となります。私自身も経験しました!

そう、だれでも経験してしまうので大丈夫です。でもちょっとどこから手を付けたらいいのか困りますよね?
そこで一緒に家の中を見直してみませんか?😉

そんなお話も含めてしっかり片づけができるようになるための基礎を学びます。講義1回と実践2回の全3回構成です。


ちょっと気になったなら下記のQRコードかこちらから詳細をどうぞ→
私も帰国後片づけまだまだ続けています!
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿