2017-12-24

■ブラジルのクリスマスは夏!(フロリアノポリス旅行記)

今日はクリスマス・イブですね。そして明日はとうとうクリスマス♪

元駐妻のライフオーガナイザー® こうのさやかです。
久しぶりに「ふりかえり日記」です。

---------

ブラジルのようにキリスト教がその国の文化のベースとなっている国では、クリスマスは元旦よりもメインのイベントですから街が特別華やかになります。それと同時に街がすべてお休みになります。

昨年2016年のクリスマスはまだブラジルにおりました。
クリスマスのすぐ後には日本への本帰国が決まっていたので引越し準備に追われていたものの、12/24-25に都会のクリチバにいても町中が閉まってしまうので何か考えないとと思い、直前で旅行を手配しました。

行先はフロリアノポリス(Florianópolis;サンタカタリーナ州の島にある町)です。ルートによりますが高速バスでクリチバから4~6時間で着きます。


クリチバは山の上で夏でも涼しい街なのですが、フロリアノポリスは緯度は少し高いものの島なので南部ブラジル地域の江の島というか、伊豆半島というか、そんな印象の海水浴場ばかりある島です。

リゾート地なのでクリスマスもお店は開いてるかと思ったら12月24日の午前中までで25日は全休でした。有名なレストランはすでに数日前から閉まっています。
それでも街はクリスマスプレゼントを買う人とリゾートに遊びに来た人があふれていました。

島の中心でお昼を食べた後はタクシーで北端の海岸へいきました。あちこちにビーチがあるのですが北のほうがおしゃれと聞きホテルを取っていました。

ホテルからのながめ。ビーチまで歩きます。

ホテルには15時半くらいに到着したので少し休憩したあとこ夕方にビーチへいき、その後食事ができる場所を探しました。

ホテルの人にこのビーチの中心エリアに大きな店があると聞いていたのですが、その店を予約をしてもらおうとしても「ここにある電話番号が古い」とかで電話掛けても予約ができません。ネット検索でも分かりません。ブラジルは田舎ではホテルマンもあてになりません(笑)

結局あちこち自分で電話しました。クリスマスはどこも予約制ですねやっぱり。Trip Advicer やGoogle Mapの口コミなど見ますが電話してみるとお休みだったり満席だったりなかなか予約が取れません。

仕方なく歩いて店を探して回ると小さな食堂といった感じのお店は「空いてるよ!」と言ってくれますが、ちょっといいかな♡というお店はどこも予約でいっぱいです。
数軒に聞いた後、大きなレストランの前にいたスタッフと話をすると「空きが出たかマネージャーに聞いてみてくれ」というので(ブラジルでは担当がはっきり分かれてる)準備中で暗いお店の中に入って確認。この日の席予約は2回転で20時スタートと22時スタートの2回で20時ならまだ少し入れるということでした。(ブラジルは夜のOPENが20時はふつうで21時あたりが普通の夜ごはんタイムなのです)。

フロリアノポリスの12月24日のごはん

食事はこんな感じのビュッフェでした。ブラジルに数年暮らしてきてこういうトロピカルなのは初めて。後で聞いたらこちらの地域の料理だそうです。

赤ワインを飲んでしっかり食べた後に歩いてホテルに帰ってきました。治安がよくて夜歩けるのはブラジル国内では奇跡的なことです。

クリスマスだからパネトーネが朝食にありました
宿泊したホテル

翌日12月25日は午前中ビーチを散歩してのんびりしたあとレイトチェックアウトさせてもらって13時半くらいにホテルをでてタクシーでバスターミナルまで戻り、また高速バスに揺られてクリチバに戻るのでした。20時くらいにクリチバの我が家に帰りつき家で夜ごはん。
1泊2日の小旅行でしたが、最後に暑いクリスマス体験ができてよかった!と思った旅でした。


ブラジルの海辺のクリスマスいかがでしたか?

こちらクリックよろしくお願いします→にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿