2018-05-01

■透明なガラス器にツルのある花をいれれば...

こんにちは。ライフオーガナイザー®︎/一級建築士 のこうのさやか です。

GW始まっていますね!いかがお過ごしですか?
私はたのしいワークショップを見つけて参加してきました。北欧デンマークのガラス器メーカー「ホルムガード(Holmegaad)」と花のコーディネートです。
中央のガラスに革の取っ手がついている
ボウルがホルムガードのもの。

ホルムガードは昔から好きなガラス器メーカーなので、このイベントを見付けたときにすぐに申し込みをしました。
場所はコンラン・ショップ・キッチン(渋谷ヒカリエ)で、駅前ビルの中ということもあって「キッチン」に特化した(コンランショップとしては)小さめのお店です。

コンランショップといえば世界中どこの店舗もとても広くて、入口に飾ってあるテーブルコーディネートのディスプレイがオブジェのように力強くて刺激的です。店舗によっては花も扱っていて、それもまたオブジェのような特別なお花でびっくりします。
コンラン・ショップ・キッチンに用意された花々

今回は世田谷でお花のお店「Malta」を主催している布山瞳さんとスタッフの方がご指導くださいました。見たこともない様々な葉や花の中から好きに材料を選んでよく、とてもワクワクさせられました。生ける花器はホルムガードのガラス器やローゼンタールのガラス器から選べました。
使ってみたい花がいっぱいで迷う迷う
私は今までやったことのなかった低いガラスの器に花を生けるというをやってみたくて、ホルムガードのサラダボウルとツルのある花(ベル鉄線)を選びました。

やってみるとベル鉄線を2本ほど入れるとあっという間に格好がつきます。きっと器と相性がいいのでしょう。でも欲張ってもっと色々と入れてみたくて他に2種類いれてみたところこれが難しく、先生方に教えていただきながらどうにかバランスを取ったという感じでした。
上からみるとこんな感じ

大きなテーブルだったらこの広がり感もよさそう!

持ち帰ってからはこんな感じ(↓)で飾っています。
ツルのある植物を透明なガラスの器に入れるだけで涼しくみえる。今回学んだことです。おすすめです。



5/29(火)の「オーガナイズの日チャリティイベント」に向けて準備中です。
「片づけ」とありますが、モノの片づけだけでなく「人生を楽にするヒント」の話がきけるイベントです。
お時間あったら見に来てくださいね。
参加費は被災地へ寄付されます!
東京会場イベント案内
申し込みはこちら⇒

0 件のコメント:

コメントを投稿