2015-02-08

iPhoneが世界で一番高い国


日本ではもうすっかりiPhone6も出回っていますが、ブラジルではまだようやく5cが出てきたくらいです。つい去年まではiPhone4Sがほとんどでした。

その理由はブラジルには直営のアップルストアがないからでしょう。アップルのサイトで買うか、提携ストアで買うか、あるいは一番多いのが携帯電話会社でプランとセットで買う方法です。

この中で一番買いやすいのが携帯電話会社で買うことです。月々の支払いに本体の値段が分割されるので俄然買いやすくなります。そしてその対象になっている機種が最近まで4Sで、ようやくここ半年くらいで5Cなのです。

ちなみにブラジルのアップルサイトで最新モデルを買おうとするとSIMフリー iPhone6PLUSの16GでR$3,899 (US$1,400くらい/16.7万円くらい)です。アメリカのアップルストアでは同じ機種はUS$749(税別)でした。ちなみに日本では¥87,800(税別)です。噂には聞いてはいたものの、やっぱりブラジルはiPhoneが世界で一番高い国のようです。これは関税のせいです。外国製品がとにかく高いのがブラジルです。

でもブラジルのお金持ちはiPhone6PLUSを持っている人が多く、16万円以上する商品を買っているのかと思いきや、みんなアメリカに遊びに行って買ってくるのだそうです。確かにそんなに差があるなら旅行できてしまいますものね。

そんな旅行のできない一般市民にはiPhoneは本当に高級品。だから街中でiPhoneをつかっていると強奪の対象になってしまうのです。日本語表示のできる機種がすくないので日本人はiPhone所有率が高いのですが、本当に気を付けないとなりません。旅行に来る方もどうぞお気をつけて。

0 件のコメント:

コメントを投稿